Ann Radcliffe


アン・ラドクリフ

last updated: 29 January 2013

Biography +++

【生没】 1764.7.9 - 1823.2.7 (申年生まれ、享年58歳)
【家族】 父:貿易商
【故郷】 ロンドンのホルボーン生まれ
【功績】 ゴシック小説(陰影さや神秘性、崇高性を醸し出している小説)の先駆者といわれる。18世紀末のゴシック大流行の立役者であり、ウォルター・スコットやオースティンC.ブロンテメアリー・シェリーモーリアなど多くの作家・詩人に影響を与えた。
【結婚】 23歳の時、オックスフォード大卒のジャーナリスト、ウィリアム・ラドクリフと結婚。彼がアンに小説執筆を薦めた。

※ラドクリフに関する情報は非常に少なく、かつて伝記執筆を試みた英詩人クリスティーナ・ロセッティは断念した。

 

Bibliography +++

#1The Castles of Athlin and Dunbayne (1789)
匿名出版
#2A Sicilian Romance: A Highland Story (1790)
匿名出版
#3The Romance of the Forest (1791)
17世紀フランスが舞台。この作品で名声を得た。
#4The Mysterious of Udolpho: A Romance (1794)
ゴシック小説の代表作。閉じ込められたユードルフォ城からの脱出。18篇の詩が織り込まれている。ラドクリフの作品中、最も人気が高かった。オースティンが『ノーサンガー・アベイ』でパロディ化。
#5The Italian, or the Confessional of the Black Penitents (1797)
『イタリアの惨劇』 野畑多恵子(訳) <国書刊行会;ゴシック叢書・1978>
#6Gaston de Blondeville, or the Court of Henry Ⅲ Keeping Festival in Ardennes (1826)
死後出版

 

References +++

梗概と研究
ユードルフォの謎―アン・ラドクリフ (1)
Ann Radcliffe 大阪教育図書 1998-04
by ヨメレバ
抄訳と研究
ユードルフォの謎―アン・ラドクリフ (2)
アン・ラドクリフ 大阪教育図書 1998-04
by ヨメレバ
虚構を織る イギリス女性文学―ラドクリフ、オースティン、C・ブロンテ
惣谷 美智子 英宝社 2002-08
by ヨメレバ
ピクチャレスクと女性的崇高-アン・ラドクリフ『ユードルフォ城の謎』
美学とジェンダー―女性の旅行記と美の言説
エリザベス・A. ボールズ ありな書房 2004-07
by ヨメレバ
アン・ラドクリフ-ロマンスの再生
ゴシック幻想
紀田 順一郎,深田 甫,麻原 雄,荒俣 宏,秋山 和夫 書苑新社 1997-08
by ヨメレバ
ゴシック・ロマンスの女流作家たち-リーヴ、ラドクリフ、シェリー
ゴシック・ロマンスの世界
吉村 純司 文化書房博文社 1996-12
by ヨメレバ
プロットの運命・運命のプロット-アン・ラドクリフ『森のロマンス』
他者の登場―イギリス・ゴシック小説の周辺
神尾 美津雄 近代文芸社 1994-03
by ヨメレバ
アン・ラドクリフ『ユードルフォの謎』『イタリア人』
古典ゴシック小説を読む―ウォルポールからホッグまで
杉山 洋子,長尾 知子,惣谷 美智子,神崎 ゆかり,小山 明子,比名 和子 英宝社 2000-03
by ヨメレバ
ゴシック小説をよむ (岩波セミナーブックス (78))
小池 滋 岩波書店 1999-12-07
by ヨメレバ
『森のロマンス』 : 女主人公の監禁と旅
十八世紀イギリス小説の視点―幸福・富・家族

樋口 欣三 関西大学出版部 2001-05
売り上げランキング : 1712130
by ヨメレバ