Dorothy Richardson


ドロシー・リチャードソン

last updated: August 4, 2011

Biography +++

【生没】 1873.5.17 - 1957.6.17 (酉年生まれ、享年84歳)
【家族】 1894年、父が破産。後に、母が自殺。
【結婚】 1917年、15歳年下の無名画家と結婚。
【功績】 「意識の流れ」の先駆者でもある。ウルフやジェイムズ・ジョイスの影に隠れ、現在ではほとんど読まれなくなった。13巻本で出版されたPilgrimageではMiriam Hendersonが自立する17歳から作家となる40歳までを描いている。

 

Bibliography +++

Pointed Roofs (1915)
Pilgrimage vol.1 最も有名な巻。Miriamの初仕事、ドイツ寄宿学校の教師として踏み出した自立への第一歩。
Backwater (1916)
Pilgrimage vol.2
Honeycomb (1917)
Pilgrimage vol.3
The Tunnel (1919)
Pilgrimage vol.4
Interim (1919)
Pilgrimage vol.5
Deadlock (1921)
Pilgrimage vol.6
Revolving Lights (1923)
Pilgrimage vol.7
The Trap (1925)
Pilgrimage vol.8
Oberland (1927)
Pilgrimage vol.9
Dawn's Left Hand (1931)
Pilgrimage vol.10
Clear Horizon (1935)
Pilgrimage vol.11
Dimple Hill (1938)
Pilgrimage vol.12
March Moonlight (1967)

 

References +++

『現代イギリスの実験小説家たち-コンラッド、ジョイス、ウルフを中心として』
鏡味国彦(著) <文化書房博文社・1986>

女性にとっての職業-エッセイ集
 ウルフ著。ドロシー・リチャードソン ほかギャスケル夫人など。

たのしく読める英米女性作家-作品ガイド120
 (参考文献) 自立への小さな一歩 ドロシー・ミラー・リチャードソン『尖った屋根』 ほか