Helen Fielding


ヘレン・フィールディング

last updated: 16 October 2016

Biography +++

【生没】 1958.2.19 - (戌年生まれ)
【仕事】 20歳からBBCで調査員として働き始めた。1990年からの9年間、各誌のジャーナリスト・コラムニストとして働いた。好きな作家はオースティンP.バーカー
【結婚・出産】 40歳頃にケヴィン・カラン(『シンプソンズ』脚本家)と交際を始め、46歳で息子を、48歳で娘を出産。3年後の2009年に破局。

 

Bibliography +++

#1Cause Celeb (1994)
アフリカでの取材経験を元に書かれた。
『セレブリティを追っかけろ!』 露久保由美子(訳) <ソニーマガジンズ・2000/ヴィレッジブックス・2002>
#2Bridget Jone's Diary (1996)
『ブリジット・ジョーンズの日記』 亀井よし子(訳) <ソニーマガジンズ・1998/文庫・2001/ヴィレッジブックス上下・2004/角川文庫;新装版・2015>
96年の発売当初、評価は高かったが売れ行きは良くなかった。だが口コミで広まり、翌年に発売されたペイパーバックが半年にわたってランキング1位を獲得。ブリティッシュ・ブック・アワード受賞。

       

翻訳書で読みました 【感想】The Independent紙で連載され、爆発的な人気を呼びました。日記には、32歳の独身ブリジット・ジョーンズの1年間の生活が事細かに記録されています。家族ぐるみのパーティーに出席すれば既婚者が揃って、いまだに独身でいるブリジットをせかします。禁煙、節酒、脚を細くする・・・など新年の決意をするもののいつも「こんなはずじゃなかった」と後悔するのは、誰にでも経験があることではないでしょうか?誰もがこのブリジットの一面を持っているはずです。仕事への不満、結婚への焦りは多くの女性の共感を得ることでしょう。軽い読み物に最適です。都会に住むイギリス人 の生活、ファッション、考え方などの一面もうかがい知ることができます。 J.ウィンターソンJ.トロロープの名前も出てきます。
 フィールディングがこの作品を執筆したとき、マーク・ダーシーは『高慢と偏見』(オースティン)のダーシーをモデルにしたそうです。2作品を読み比べてみるのも面白いと思います。

映画を見ました 映画も大好評だったようです。飛行機の中で見たんですけど、かなりコメディ色の強い映画やって、私は原作を読む方が好きです。 テキサス訛りのレニー・ゼルウィガーがイギリス英語を身につけ、体重も増やし、実際にロンドンのオフィスで身分を隠して働いて、誰もが共感できるブリジット・ジョーンズを演じています。
(監督:シャロン・マグワイア 主演:レニー・ゼルウィガー 2001年・米)

 

#3Bridget Jone's the edge of reason (1999)
『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 春夏篇・秋冬篇』 亀井よし子(訳) <ソニー・マガジンズ・2000/文庫・2004/角川文庫・2015>
2004年米映画化(監督:ビーバン・キドロン 主演:レニー・ゼルウィガー)
       

翻訳書で読みました 【感想】テレグラフ」紙に連載されたブリジット・ジョーンズの続編です。秋・冬編を読みました。ブレア首相やダイアナ妃などの名前がよく出てきて、現代イギリス事情に触れることができます。全体として砕けた口語で話が進んでいくので、楽に読めます。

 

#4Olivia Joules and the Overactive Imagination (2003)
『オリヴィア・ジュールズ-彼女のたくましすぎる想像力』 池田真紀子(訳) <ソニーマガジンズ・2005>
『オリヴィア・ジュールズの華麗なる冒険』 池田真紀子(訳) <ヴィレッジブックス文庫・2007>
Bridget Jones : Mad About the Boy (2013)
『ブリジット・ジョーンズの日記 恋に仕事に子育てにてんやわんやの12か月 』 亀井よし子(訳) <角川書店・2015>
『ブリジット・ジョーンズの日記 恋に仕事にSNSにてんやわんやの12か月 』 亀井よし子(訳) <角川文庫・2016>
Bridget Jones's Baby : The Diaries (2016)

 

References +++

       

 

The Essential Writer's Guide: Spotlight on Helen Fielding, Including Her Personal Life, Best Sellers Such as Bridget Jones's Diary and Bridget JonesThe Essential Writer's Guide: Spotlight on Helen Fielding, Including Her Personal Life, Best Sellers Such as Bridget Jones's Diary and Bridget Jones
Bruce Worthington

Webster's Digital Services

Amazonで詳しく見る
Pride and Prejudice Versus 'Bridget Jones S Diary'Pride and Prejudice Versus 'Bridget Jones S Diary'
Juliane He

Grin Verlag
売り上げランキング : 461022

Amazonで詳しく見る