Rebecca West


レベッカ・ウェスト

last updated: 6 December 2012

Biography +++

【生没】 1892.12.21 - 1983.3.15 (辰年生まれ、享年90歳)
【本名】 Cicely(Cicily) Isabel Fairfield(旧姓)
【幼少期】 8歳の時、ジャーナリストだった父親が家族を捨てたため、母親の故郷スコットランドへ移住。家計が苦しく、十分な教育は受けられなかった。
【仕事】 17歳でロンドンに出、女優として下積みを重ねる。この頃からレベッカ・ウェストの名を使用。このペンネームはイプセンの作品が由来。18歳の時、婦人参政権論者の週刊誌でコラムニストとしてのキャリアを開始。フェミニズムのスポークスマンとして名声を確立し、幾多の新聞・雑誌にレビューを書いた。1948年には米大統領から世界最高のレポーターと評された。
【結婚・出産】 20歳の時に出会った作家H.G.ウェルズと10年間不倫関係にあり、息子(作家アンソニー・ウェスト)を出産。
30歳頃から活動拠点をアメリカへ移し、37歳で銀行家と結婚。夫の死後、75歳でロンドンへ戻り余生を過ごした。
【功績】 1949年CBE、1959年DBE勲章受章。

 

Bibliography +++

#1The Return of the Soldier (1918)
第1次世界大戦から帰ってきた兵士は愛する妻のことを含め、過去15年間の記憶を失っていた。だが、それ以前に付き合っていたMargaretのことは覚えていた。1982年英映画化「戦場の罠」(A.ブリッジス監督、J.クリスティ出演)。
#2The Judge (1922)
#3Harriet Hume: A London Fantasy (1929)
#4The Thinking Reed (1936)
『考える葦』 飯島淳秀(訳) <ダヴィッド社・1954>>
#5The Fountain Overflows (1956)
半自伝的小説。Aubrey Trilogy第一部。レベッカ・ウェスト代表作。
#6The Birds Fall Down (1966)
#7This Real Night (1984)
“The Fountain Overflows”の続編。Aubrey Trilogy第二部。
#8Cousin Rosamund (1985)
Aubrey Trilogy第三部。
#9Sunflower (1986)
H.G.ウェルズとの関係を彷彿とさせる内容。
#10The Sentinel (2002)
ウェスト初期の未完作品。

 

Collection +++

#1The Harsh Voice (1935)
'The Salt of the Earth'ほか、全4作品収録。

 

References +++