Regina Maria Roche


レジーナ・マリア・ロッチェ

last updated: September 4, 2005

Biography +++

【生没】 1764.XX.XX - 1845.XX.XX (申年生まれ、享年80歳?)
【故郷】 アイルランドのウォーターフォードで生まれた。
【仕事】 ゴシック小説のベストセラー作家だった。
【結婚・出産】 1794年頃、ロッチェ氏と結婚しイングランドへ移る。

 

Bibliography +++

#1The Vicar of Lansdowne; or, Country Quarters (1789)
#2The Maid of the Hamlet. A Tale (1793)
#3The Children of the Abbey: a Tale (1796)
ゴシック文学の代表作。ラドクリフの『ユードルフォの謎』に匹敵した。オースティンの『エマ』の中で登場人物ハリエットの好きな本として挙げられた。
#4Clermont: a Tale (1798)
フランス革命以前のフランスとイタリアが舞台。オースティンの『ノーサンガー・アベイ』の中で、恐怖小説('Horrid novels')として挙げられた。
#5Nocturnal Visit: a Tale (1800)
Alvondown Vicarage; a Novel (1807)
The Discarded Son: or, Haunt of the Banditti; a Tale (1807)
5巻本。
The Houses of Osma and Almeria; or, Convent of St.Ildefonso; a Tale (1810)
The Monastery of St.Columb: or, The Atonement; a Novel (1813)
5巻本。
Trecothick Bower: or, The Lady of the West Country; a Tale (1814)
The Munster Cottage Boy: a Tale (1820)
'Bridal of Dunamore' and 'Lost and Won'. (1823)
The Tradition of the Castle: or, Scenes in the Emerald Isle (1824)
The Castle Chapel: a Romantic Tale (1825)
Contrast (1828)
The Nun's Picture. A Tale (1834)